TOPページ > ギャラリー

ギャラリー

違った素材の鏡

娘がモザイクタイルで鏡を作りました。モザイク鏡.jpg

工程を見ていたら面白そうだったので、

私もタイルの代わりに緞通の切れ端で

作ってみました。

額縁部分も手づくりです。

木部にはヤシャブシで色をつけました。

 

緞通鏡.jpg

 

 

 

でも慣れないものを作るのは大変ですねぇ。

2つ作って1つはお買い上げいただいたのですけど、

たぶん、もう作らないかも。。

 

なんか新しいものを作る時って楽しいけど、

それを継続するってのは別の問題ですね。

 

 

 

 

 

日暮れが早くなって

231001.jpg黄昏時のギャラリーは、

私が言うのもなんですが、美しい。。

 

春にオープンしてから5か月経ちましたが、

閉店が午後6時半なので、

今まで暗くなった店内を見たことがなかった^_^;

 

10月に入って雑貨コーナーは派手派手のハロウィーン仕様になりました。

私も調子にのってカボチャやコウモリやいっぱい飾り付けて、

灯りもどっさり、暗くなるのが楽しみ♪

でも、表の浮かれ騒ぎには関係なく赤穂緞通はひっそりと美しいです。

最近は来月の展示会に向けて古緞通の手入れを頑張っているので、

めずらしくかなりたくさんの古緞通があって、230930.jpg

それぞれにみんな美しい。

もうすぐいなくなってしまうのが淋しいような。

 

 

ちなみにこちらは古緞通ではなく、

ひだまりさんの新作「亀甲唐花」

今年の兵庫工芸展入賞作品です。

 

 

 

もうすぐ国際音楽祭です

CAPE HOUSEのアンティーク書棚に11061903.jpg

おさまっていたThe 47 Black Cats

国際音楽祭のために作られたものたちなので、

昨日出陣していきました。

ハーモニーホールロビーでの出番待ちです。

 

赤穂緞通応援団もホールロビーにて

緞通床几を設置して、

みなさまをお迎えしますね。

 

またこの期間中には工房ひぐらしとして

下記の展示会に選りすぐりの品を提供させていただきます。

 

1106202.jpg ===============================
   民藝の父 河井寛次郎 鑑賞即売会
================================

日時:
2011/7/2(土)~4(月)
11時~18時(最終日は17時まで)

会場:
赤穂ロイヤルホテル(2階アルバホール)
赤穂市加里屋中州3250番地 TEL:0791-42-1001
 

 主催:
株式会社 日興堂 / サコダアートオークション
(問)0120-350-620 (サコダアートオークション)
後援:
株式会社オオキコーポレーション サンデパート
(問)0791-43-1616 (担当:酒井)
 
内容:
昭和初期に民衆の芸術(民藝)の美に魅せられて柳宗悦・浜田庄司らとともに民藝運動を起こし、その後独自の美を探究し、多彩にかつ精力的に創作活動を続けた河井寛次郎先生の珠玉の陶芸作品を、明治初期より赤穂で受け継がれてきた伝統の技で現代の匠が精魂込めて織り上げた赤穂緞通とともに展観いたします。両者が織りなす美と技のハーモニーをこの機会に是非ご鑑賞下さい。
 ================================

というわけでCAPEHOUSEの空いたスペースを利用して、

初個展を開催することになりました。詳しくはCAPEHOUSEブログ

 

 

日本酒って人気ないのかなぁ

娘が父の日のプレゼント用に、父の日.jpg

地元の大吟醸酒を使って日本酒石鹸を作ったので、

CAPEHOUSEでもギフトセットを

予約販売してるのですが、

「うちのお父さん、日本酒飲まないからなあ」って

ためらう人が多いのです。

日本酒、美味しいのにね・・。

 

110613.jpgでもそういえば、

私も最近ワインをいただくことが多かったのですが、

いつもお世話になっている酒屋さんが、

東北支援のために取り寄せた「南部美人」

しみじみと美味しかったです。

しっかりしているのにすいすいと飲めて、

ああ、岩手のお米の味がするなあってかんじ。

(岩手のお米を食べたことはないですけど^_^;)

梅雨時で毎日じめじめしているので、

きりっと冷えてグラスに露がついた日本酒がいいな。

思いだしたので、またこれ注文します。まだ在庫あればいいけど。

 

 

 

日曜大工

110528.jpgCapehouseで店番していると

ご近所のレストランやカフェの

場所を聞かれることが多いので、

道しるべを手づくりしてみました。

結束バンドの端がはみ出てるのが気になる。

後で切り取らねば。。

 

220529.jpg

緞通ギャラリーの看板も手づくりしました。

店の改装のおかげで、

ねじとか端材とか、

余ってるのがいっぱいあるので、

なんでも思いついたらすぐに作れちゃうのが

けっこう楽しいです。

 

 

チャリティコーナー

110503.jpgギャラリーの片隅に、

東日本大震災で親を亡くした孤児のための

チャリティコーナーを作っています。

16年前神戸で被災したときに、

あしなが育英会が"レインボーハウス"を作って、

被災孤児たちを支えてくれたのを、

とてもありがたく思っていました。

今回もいち早く遺児への特別一時金や、

レインボーハウスの開設に向けて頑張っておられます。

私達が震災ニュースを見ながら作っていたタイル細工を中心に、

他の作家さんたちからも寄せていただいた品を持って帰ってもらって、

代わりに募金していただいたお金を、

あしなが育英会を通じて被災孤児たちに送ろうと思っています。

  オープンしてまだ1週間ですが、

思いがけずたくさんの義捐金が集まっています。

特に不器用な私の拙いタイル細工を

喜んで引き取ってくれる方がいて、 とても嬉しいです。

 

看板.jpg

タイル細工といえば、

改装の時にお世話になった業者さんが、

今ではもう使われなくなった小さな明かり窓用の

木枠を譲ってくださったので作りはじめたんですが、

一緒に作っていた娘はあっという間に腕をあげて、

お店の看板もモザイクタイルで作ってしまいました。

けっこう興味を持ってくださる方々が多いので、

娘はいつかタイル教室をやろうか、なんて言ってます。

私はそろそろ緞通に専念いたします。。

 

 

 

 

 

ギャラリーオープンいたしました

もう"なんちゃってオープン"としかsaketaro2.jpg

言いようのない、

成り行きまかせの店開きです。

ご近所のイタリア料理のオーナーさんが、

準備中、しばしば立ち寄ってくださったのですが、

あまりの緊張感のなさに、

ずいぶん心配してくださってたとのことで・・。

写真はお友達のブログから拝借いたしました。saketaro1.jpg

オープンの夜、関係者に集まっていただいた、

ささやかなパーティの様子と

ショップコーナーの様子。

なんだか夜の風景は、

自分たちの店とは思えない雰囲気です。

 

詳しい案内は、ただいま工房ひぐらしのサイトに、

ギャラリーページを作成中ですので、今しばらくお待ちください。。

 

 

 

ギャラリーオープンのお知らせ

赤穂御崎のケイプハウス内に緞通ギャラリーを、DM表.jpg
2011年4月29日オープンいたします。
海へ向かう坂道の途中にあって、
屋根の風見鯨が目印です。
お暇な時間にどうぞお立ち寄りください。


110422.jpg 

 

 

 

 

 

CAPE HOUSE(ケイプハウス)
〒678-0215 兵庫県赤穂市御崎2-1

Tel:0791-42-5178

JR: 播州赤穂駅より御崎方面行バス約20分
    御崎停留所下車
     伊和都比売神社境内を抜けて東へ
お車:山陽自動車道赤穂IC下車
    御崎温泉方面へ約10分
     御崎温泉観光無料駐車場をご利用ください 

 

みさき地図.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------

ギャラリー開店予定日まで1週間を切ったのに、

まだ案内状用の写真撮影ができません・・。

郵送のご案内が間に合わないことがはっきりしたので、

とりあえずこちらでお知らせさせていただきます<(_ _)>

 

外装はなんとか仕上がって、

マイブームは"ばすぷすん"という変わった名前の鉄工房で作ってもらった面格子

110421.jpg

 

1本づつバラで送ってもらって、取りつけました。

とても美しいので、余った分は店内に^_^;

110423.jpg

 

 

 

 

こちらがギャラリーコーナーです。

110420.jpg

 

 まだ配置がしっかり決まりません。。

でも予定通り4月29日にはオープンしますので、

ゴールデンウィーク中に

お越しいただいたお客様には

配置のご相談にのっていただくかも。。