TOPページ > 過去の日記 > 2008-2

2008-2

六角堂の桜

0804037.jpg

 

文椿ビルの近所に六角堂があって、

こちらの御幸桜には

まだお目にかかったことが無いので、

楽しみにしていました。

26日の御幸桜

花はかなり満開?で、真っ白です。

 

08040310.jpg

 

 

  28日の御幸桜

  花弁の中心が濃く色づいてきて、

  華やかになってきました。

08040311.jpg

 

 

 

 

 

 

 

08040317.jpg

 

  4月1日の御幸桜

  この日で京都とお別れです。

  もう少しこの桜を見ていたかったです。

  もっともっと色づいて、

  とても濃い色になるそうです。

 

 

 

 

京都御苑へ

0804031.jpg

 

24日に京都入りして、まずは京都御苑に。

出水の小川の向いに、

もう満開の枝垂桜が♪

 

 

 

 

0804032.jpg

 

 てくてくと歩いて北上して、

近衛邸跡のあたりの

枝垂れも見ごたえがありました。

 

 

 

0804034.jpg 

 

 

これは私の好きな銀杏の樹です。

春先の葉のついてない樹もいいものです。

 

 

 

 

 

 

 

作品展会場の写真です

0804036.jpg

 

文椿ビルは大正レトロの建物で、

その階段の壁面いっぱいに、

4畳半の緞通が展示されました。

元々あったシャンデリアと

妙に合っているのが嬉しかったです。

 

 

 

0804038.jpg

 

メインスペースのギャラリー椿は、

真っ白な壁面と真っ白なインテリアに、

高い天井と透明ガラスの仕切りで、

とても現代的なスペースなのですが、

そこにも違和感なく、

緞通が展示されました。

 

 

 

 

08040314.jpg

 

廊下から見たギャラリー椿です。

仕切りが全面ガラスなので、

とっても開放感があります。

 

 

 

 

 

08040312.jpg

 

 

赤穂から"義士娘"さんも

やってきました。

東京の隅田川祭りに参加する予定で、

京都で降りて立ち寄ってくれたのです。

 

 

 

廊下や階段踊り場にも展示されたのですが、

お客様が多くて写真を撮ることができませんでした。

 

 

あっというまに最終日

080330.jpg24日に京都入りしてから怒涛の1週間でした。

気がつけば明日はもう最終日なのです。

わざわざ会場に問い合わせがあって、

東京から駆けつけてくださる方がいらっしゃるそうです。

お待ちしております!!

 

でも今とっても困っているのは、

用意しておいた工房ひぐらし案内カードが、

残りの枚数が少なくなって足りないかも、って事態。

 

実は手作りなのでデータは持っているし、今晩追加で印刷しようと思っていたのですが、

用紙を買いに行く暇が作れませんでした・・。

 

 

会場の準備はだいたい終わり

ただ今ネットカフェです。

ずいぶん前に電車の時間待ちするのに使って以来久しぶりかも。

泊まっているホテルにネットが繋がっていなかったのを知らなかったのです。

(わざわざ嵯峨野の静かな環境を選んだのだから、文句は言えません)

で、近所のネットカフェを紹介してくれたので、若者に混じってカチャカチャしています。

シニア割引ってのがあるんだけど、見栄張って申請するの止めました。

本当なら朝早く嵐山界隈を散策するはずでしたが、

昨日はホテルに帰ったの午前様だったし、

今日も夜更かしだし、世の中って予定通りにいかないもんですね。

ひぐらし亭

NHKの朝ドラマ見られましたか?

上方落語の常打ち小屋、めでたく「ひぐらし亭」と命名されました。

いやぁ、大阪のど真ん中で蜩がほんとに鳴くとは信じられんけど、

うっとこでは夏の終わりには蜩が五月蝿いぐらいで、

それを聞いてて、自分の機場の名前にと思いついたのはほんとです。

ちなみに「ひだまり庵」のほうも、ほんとに一日中陽が当たっていて、

冬場の敷き伸しするときには、とっても助かりました。

 

では、ただ今から京都へ出発いたします。

明日は京都へ

ただいま荷造り中です。080323.jpg

作品展用に新しい名刺を注文したら、

ちょうど同じ時にオトモダチから、

ぴったりの藍染和紙香り袋が届いて、

もうこれは運命だと思って、

さっそく名刺入れに一緒に仕込みました。

香りはオトモダチの特別ブレンドでございます。

この名刺入れも普段めったに通らない

三宮高架下を歩いていたら、

1つだけポツンとあったのが目に飛び込んできたのであります。

ちょうど名刺を注文した翌日に。

 

素晴らしくよい天気

0803221.jpg

 

今日はとっても晴れわたって、

白木蓮の蕾がぐんぐん膨らんでます。

 

 

 0803222.jpg

0803223.jpg

 

 

家のまわりをうろうろするたびに、

沈丁花のいい香り。

 

 

4年間ありがとうございました

今日は加里屋工房での最後の日でした。

4年前に講習生として通い始めて、

あんなことやこんなこと、本当に思い出は尽きません。

でも、最後の緞通を機から切り離して、

後始末して、機のお掃除して、道具も持ち帰って、

やっぱりバタバタしまくって・・。0803213.jpg

 

 

こちらでの最後の緞通は、

桐唐草文様の玄関マットです。

 

 

 

 

0803214.jpg

縦糸を切り離して、

1組ずつ手で結んでいきます。

織り終わりを手結びするのが、

赤穂緞通の特徴です。

縦糸には糊がしっかり揉みこまれているので、

200目をきっちり結んでいくと、

今回も指が水ぶくれになって血が滲みました。

この作業はめったにしないので、

いつまで経っても指が慣れないのです。

 

 

 

ふりむけば青波くん

080320.jpg最近思いっきりバタバタしてて、

ちっともかまってやらないので、

一緒に暮らしてる犬の青波くんが、

異様に後ろにくっついて回るのです。

 

ごめんね。

もうちょっとしたら暇になるから、

どっかにノンビリお出かけしようね、

と言っても日本語が通じない・・。

 

青波くんは息子の犬で、愛犬を残して下宿している息子のために、

Webで日記を書いていたことがあります。

お暇な方はみてやってください(ペット馬鹿・・)→http://www.netkobe.gr.jp/garko/