TOPページ > 過去の日記 > 2008-4

2008-4

目に青葉

0805022.jpgひぐらし庵の周りの木々も

どんどん生い茂ってきて、

一番美しい季節になりました。

もうちょっとすると、

剪定とか、

雑草引きとか、

汗かく季節になりますが・・。

 0805023.jpg

 

 

 

 

0805021.jpg

 

 

 

 こないだお花見をしたばっかりの桜も

青々と繁ってます。

こちらは、もう少しすると毛虫の季節ですね^_^;

 

 

 

コレクションボックスって殿方の好みなのかなぁ

080430.jpg

このあいだの京都での作品展で、

コレクションボックスを出品したのですが、

お買い上げは全員男性でした。

売れちゃってからも、

とっても欲しそうに見ている人

(実は身内でやっぱり男^_^;)がいたので、

今日、同じものをもう1つ完成させました。

 

 

 

まだもう少し、この浅葱色の緞通きれが残ってますので、

ご希望があればメールでご連絡ください^_^;

 

 

山菜の季節になると

080429.jpg

 

うどと

たらの芽と

たけのこ

 

とりあえず大好きなのだけど、

問題があって・・。

 

 

数年前のこと、新緑の季節に飛騨地方の山の中の温泉に行った私は、

ローカルな食堂でお昼に「山菜のてんぷら」を注文したのです。

とってもお安い値段だったし、

まさか大皿にてんこ盛りになって出てくるなんて・・。

でも名前もよくわからない山菜たちは素晴らしく美味しくて、

結局たった一人で全部平らげて幸せな気分満喫したのです。

その夕方、たどり着いた高山のホテルで全身に違和感が・・。

実はその前にもこの季節にひどい蕁麻疹が出て、

緊急入院する羽目になったことがあって、

どうも山菜が疑わしいとは思っていたのです。

間違いない!と犯人は確信したものの、

1人旅で知らない町、しかも連休中・・。

切羽詰って駆け込んだ薬局に、大変優秀な薬剤師さんがいらして、

なんとかその夜は切り抜けられたけど、

深く深く自身を反省したのでした。

 

実はその前にも、好物のナマコをどんぶり一杯食べた後に、違和感があって・・

(家の前の海で取れるので、近所の漁師さんがバケツ一杯くださるのです)

 

 

 

 

平福の川辺

0804281.jpg

平福の川辺は、

いつ行ってもノンビリしてて、

いいかんじです。

 

赤穂から千種川沿いにずっと北上した、

兵庫県佐用町の宿場町です。

 

 

 

0804282.jpg

 

今年は藤の花が早いみたいです。

川端のこのお家は窓のまわりに、

藤のつるが延びていて、

窓辺に座って、

藤の花見ができるのです、いいなあ。

 

 

 

0804283.jpg

 

水が透きとおっています。

それに静かです。

時々山際を、

智頭鉄道がゴトゴト走り抜けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

烏骨鶏(ウコッケイ)

080425.jpgこのあいだ、

赤穂建具さんにいただいた卵、

すっごく美味しかったのですが、

なんと烏骨鶏の卵だったのです!

聞くところによると、

中国では漢方薬として

用いられている

大変貴重な卵らしいです。

知らぬこととはいえ、

失礼しました烏骨鶏さん。

 

 

0804253.jpg

 

立派な鳥小屋に暮らしてて、

手づくり野菜をいっぱい食べてます。

ご近所からの差し入れもあるそうです。

 

 

 

 

 

0804252.jpg

 

とにかく絹のような羽が美しくて、

見てて飽きないです。

ますます飼いたくなってきましたが、

育てるのは難しいそうです・・。

うっとこは周辺に

野生動物も多いしなあ・・。

室内で飼うってのもなあ・・。

 

 

"幻の赤穂緞通展"の写真

0804221.jpg

今頃で申し訳ありませんが、

こないだの京都での作品展の写真です。

自分では撮る暇っていうか気分の余裕がなくて、

いただいた写真であります。 0804228.jpg

ありがとうございました。

0804222.jpg 0804224.jpg

0804226.jpg 0804225.jpg0804227.jpg0804223.jpg       08042210.jpg0804229.jpg

ひぐらし庵への道

なかなか辿りつくのが難しいひぐらし庵ですが^_^;

地元のオトモダチが作ってくれた道案内を元に、赤穂方面から説明させていただきます。

0804210.jpg

 

国道250号を赤穂から日生へ向かって、

赤穂カントリークラブのある峠を越えると、

緩やかな下り坂の右手に、塩田の模型が見えてきます。

ここが福浦パーキング

 

080421.jpg 

パーキング内に福浦地区の案内図があります。

左下の"塩釜神社"を目指してください。

迷いポイントに赤い数字で印をつけました。

 

 

 

0804211.jpg

迷いポイント①

福浦パーキング前の信号を左(南)へ。

信号の向こうに見える"日生マリーナ"の看板が目印です。

 

 

 

0804213.jpg

迷いポイント②

 JRの踏切を渡って500mぐらいで、右手に橋があります。

この橋を渡ってください。08042130.jpg

 目印は河の中に立ってる大きな石と

日生マリーナの看板

 

0804215.jpg 迷いポイント③

曲がりくねった道を800mほど行くと、

道が2つに分かれるので、ここを右へ。

(狭くなるけれど気にしないでください)

 

 

 

0804216.jpg 海沿いの道を1kmほど走ります。

手前に鹿久居島08042161.jpg

向こうに家島諸島や小豆島

遠く四国も見えます。

 

 

0804219.jpg

0804218.jpg

迷いポイント④

分かれ道に来たら、

左の古池方面へ、

坂を下りてください。

目印は道の左手にある看板

 

0804217.jpg

ゴール!

集落に入ってもまっすぐ進みます。

突き当りがゴール。

2本の石柱は、塩釜神社の神域のしるしです。

お車は右手の空き地に停めて、少し右へ歩くと"ひぐらし庵"

 

以上、長々とお付き合いくださってありがとうございました。

花工房に行ってきました

0804191.jpg

私の住んでる赤穂の西の端から、

赤穂の東の端にある先輩の工房

"花工房"まで約15km。

この煙突は備前焼の登り窯

1階に備前焼工房

2階に赤穂緞通の織機が2台

ここで2人の先輩が

赤穂緞通を織っています。

 

0804192.jpg

 

ちょっと高台にあるので、

海の景色が抜群!

坂越の古い石畳の街並みから、

南へ海岸線を1kmほど行くんですが、

でも看板も出ていないのです。