TOPページ > つれづれ > 行ったところ

行ったところ

恒例となりつつある5月の草木染

ゴールデンウィークは人ごみの中に出かけるのは嫌だけど、

いつもと変わらない毎日もなんかつまらない、

ということで目先を変えて草木染めやるのが恒例になってきました。

今年は椿の花びら染めに挑戦。

140505.jpg家の椿だけではちと足りぐるしかったので、

グリーンベルトで花びら拾い。

赤穂はほんとによい街で様々な並木道があって、

椿の並木には前から目をつけていましたの(笑)

 

花びらの色素は熱に弱いという事で、

冷たいまま3日ほどかけてじっくり染めます。

 

1405051.jpg出来上がったところ

右から順に、

水色の糸に重ね染めして微妙な青灰色

茶色の糸で錆び朱色

灰色の糸でモーブ色

少量のはタッセル用に本来の花びら用

とモーブ色

 

2014-01-013.jpgタッセル用ってのは、

端糸でRちゃんが作ったタッセルピアスが

密かに大流行してまして、

娘もタッセル作りたいから

ついでに染めてくれと((+_+))

 

私の今回の目的、

秋口から作り始めるミニラグ用に

微妙な青灰色が欲したかったので、

一番右ので大満足です。

緞通の糸は 1405052.jpg単体で見ている時と

仕上がりの広い面積で見る時と

印象が全然違ってしまうのです。

隣にどんな色がくるかでも、

色味が全然違ってしまうので、

でも作り始めたらもう変更できないので、

手持ちの糸を時間かけて

じっくり眺めながら決めていきます。

今回作った糸も、

干している時と藍染めの糸と並べた時と、

色味が違って見えませんか?

とにかく3色は確保できたので、引き続きあと2色作ってみます。

こんどは玉ねぎ染めだけど、もう連休が終わってしまうなあ。

 

 

 

 

 

海文堂とウエシマ珈琲 1月17日

今日は久しぶりに神戸に来てます。

主に元町界隈が徘徊範囲なのだけど、

海文堂が去年閉店してしまったので、

今更ながら喪失感がこみ上げて来て淋しい。

19年前の震災当時は海文堂から3分ぐらいの事務所にいたので、

用もないのに立ち寄っては(たしか震災後1週間ぐらいで開店してくれた)

ぶらぶらするのが楽しみでした。

それと神戸駅前のウエシマ珈琲!

寒空の中、歩道で温かい珈琲をずっとサービスし続けてくれた。

私はそれまで珈琲は苦手だったのですが、

あの珈琲は本当に美味しかったです。

140117.jpg  で、今日は元町駅前のウエシマ珈琲で、

少しだけ当時を偲んでみました。

 

あれから神戸の街もずいぶん変わり、

私自身もずいぶん変わったなあ、

と19年目のメモリアルデーです。

 

 

"暖木"さんへやっと行けた

坂越の石畳が続く道沿いにある暖木(のんき)さん、

週末しかオープンされてないので、

なかなか行けなかった雑貨とカフェのお店です。

こないだやっと行くことができました!

お茶しに行ったのですが、

予想にたがわず店内が素敵だったので、しばらく写真を撮りまくりました。

1302102.jpg

130210.jpg

 

 

 

 

 

1302103.jpg

 

1302104.jpg 1302105.jpg 

 

 

 

 

 

 

とても寛げる空間なので、もっと開いている日が増えたらいいのにね。

だいたい赤穂には普通に開けてない店が多すぎると思います!

(赤穂緞通ギャラリーも週末と水曜しか開いていませんが・・。)

水曜しか開いてない焼き菓子のこさじさんとか、

日曜朝しか開いてないパン屋さくら・ドゥ・アベニューさんとか。。

 

 

冬の海を眺めながら

遠方から来てくれた友人と一緒に、 121231.jpg

冬の海を眺めながらゆっくりランチ♪

 

まずはギャラリー前のきらきら坂を下って

さくらぐみの前を通りすぎます。

1212312.jpg

 

 

 

風は強いけど日差しが眩しくて、

海もきらきら光ってる。

瀬戸内の冬はこんなお天気の良い日が多い。

 

 

1212313.jpg

畳岩 です。

干潮になると歩いて行けます。

週末の夜はライトアップされます。

1212315.jpg

 

 

 

 

カーブを曲がると海水浴場が見えてきます。

夏場は海の家になる"今井荘"が今回の目的地。

ギャラリーから徒歩5分もかからないけど、

ちょっとした旅行気分です♪

1212318.jpg

1212316.jpg

 

 

 

 

 

 

 

貸切のお部屋でゆっくりするか、こたつ部屋で海を満喫するか?

山梨県生まれの友人は迷わずこたつ部屋を選択。

私も家でもギャラリーでも海が見えますがやっぱり海はいい、選択に異議なし。

いよいよ地元のお魚を堪能できるランチコースの始まり

(でも1500円なんです!いいのかしらそんなにお安くて^_^;)

1212311.jpg

 

蟹飯♪

人数分を炊きたてで出してくれます。

1212317.jpg

 

 

 

 

鱧鍋、お刺身、あこうぱんに載せた牡蠣のソテー、

オコゼの南蛮漬け?だったっけ、

あと天ぷら、デザート、珈琲も出たのですが、

1212318.jpg

食べるのに夢中になって写真を撮り忘れ。

 

実は今井荘には何回か来ていて、

ほんと美味しくてゆっくりできて最高なので、

このランチをブログで紹介しようって

いつも思いながら食べるのに夢中になって

写真を撮り忘れ・・。

今回は前半はなんとか撮ったのでこれで良しとしよう。

 

このほとんど更新しない気まぐれなブログを読んでくださってるみなさま、

いつも本当にありがとうございます。

来年こそはブログもさくさく、緞通作りもさくさくやりたいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。 

 

鹿児島いろいろ

11101912.jpg

 

 錦江湾の夜明け

桜島の稜線がくっきり見えて

とても清々しい朝

 

 

  

1110192.JPG

 次の瞬間

噴煙が立ちのぼって

みるみる空に広がっていきました

凄い。。

 

 

 

1110193.jpg

知覧の武家屋敷

知覧は亡き父が終戦を迎えた土地で

(特攻隊員ではなかったのですけど)

いつか行きたいと思ってたけど、

 静かで長閑な美しい土地でした

 

 

1110194.jpg

武家屋敷の入口

火山岩?の

武骨で荒々しい雰囲気が

イメージの中の薩摩武士

 

 

 

1110195.jpg

いちばん気にいったお庭

広々とした静寂の空間に

南国の日差しが降り注いでいる

垣根はどこのお屋敷も

曲線に刈り込まれているのです。

 

 

1110197.jpg

庭の木々もとても緑が濃ゆい

コントラストがきつすぎて

携帯カメラでは

うまく写真が撮れない。。

 

 

 

1110198.jpg

だいこんそば

白くうどんみたいに見えるのが大根

大根は何処で食べてもとても美味だったけど

この大根は特に美味しかった。

 

 

 

結婚式用のうち掛け

関西では見たことがない

絢爛豪華な色と柄

 

 

 

 

11101910.jpg

 しばし立ち止まって見惚れてしまいました。

意匠はなじみ深い花々なのに

異国の花にしか見えない。

 

 

  

 

 11101911.jpg 

緞通展をしていただいている

ギャラリーのあるマルヤガーデンズの

屋上庭園

 

 

 

 

仕事を離れてゆっくり遊びに行きたい鹿児島です。

こんどは霧島の温泉めぐりだな。

 

 

聴竹居

今日も朝からムンムンと暑くて、

頭がぼぅっとして動く気になれません。

カラッと暑いのはわりとOKなのだけど、この湿気はなんとかならないものか。。

この夏は節電のために打ち水するとか簾を掛けるとか、

色々試してみたけど、やっぱり暑い時は暑い(-_-;)

 

夏の初めに環境共生住宅の原点と言われる"聴竹居"に行ってきました。

http://www.chochikukyo.com/

クリップボード03.jpg

昭和モダンの時代の洋と和を融合させたデザインに

とても興味があったのですが、

細部までこだわり抜いた美しいデザインも、

もちろん素晴らしかったのだけども、

環境工学なるものに基づく建物設計が凄くて、

いまどきの「省エネ」って言葉が、

うわっすべりっていうか、気恥ずかしくなりました。

この建物が作られた80年前より今の方がずっと住環境が悪いってのは、

ちょっと本気でなんとかせねばならないのではないかと、

ぼぅっとした頭で考えているのであります。

 

 

 

鹿児島にて その2

鹿児島へは自然系化粧品を作っている友人と

交代で運転していきました。

都城の椿油農家に御用があるというので、

例の口蹄疫騒動の中を霧島地方へ突入。

何回か消毒液の上を走行いたしました。

地元の皆さん大変な中を、道案内までしてくださり、

本当にありがとうございました。 kirisima.JPG  

 

さて霧島神宮です。

この神さびた由緒正しい神社の、

ここに注目↓

220520.jpg

 

 

 

 

 

 

 

牡丹に松、雲、梅、緞通文様の原点オンパレード

 

 

 

 獅子に象・・。

さすがに象文様緞通は見たことありません。

 

 

sirokuma.JPG

 

つづいて、鹿児島に行ったらぜひ!

と勧められていた"白クマ"

どんなものかわからないまま注文して、

巨大さにビックリ。。

とても食べきれませんでした。

 

とても楽しみにしていた温泉は、

どこもとってもよろしかったのですが、

一押しは、

こちらの名前を忘れた立ち寄り湯。

民宿の内風呂なんですけど、無人。。

受付の籠の中に入浴料をチャリンと入れて、

最後まで誰にも会わずに心ゆくまで堪能させていただきました。

  220526.JPG

 

鹿児島には初めて行ったので、

あんなことやこんなこと、

やりたいことがいっぱいあったのに、

あまり長くいられなくて、とっても残念でした。

青空を背景に煙を吐く桜島は、

ぜひ見たかったなあ。

(滞在中、ずっと曇りか雨だった・・)

 

 こんどは仕事抜きでゆっくり遊びに行ってみたい。

 

 

久しぶりの遠出

紅葉狩りの季節です。

といっても関西では紅葉というより黄葉で、根っからの関西人である

(大阪で生まれ、京都と神戸で暮らし、現在は赤穂)

私としては、その微妙なグラデーションをこよなく愛しておりますが、

たまには遠国の全山真っ赤に染まる紅葉を見てみたいものです。

というわけで、とりあえず近場の但馬地方にある安国寺の

どうだんつつじの紅葉を見に久しぶりに遠出してきました。

 

赤穂を出た時には素晴らしく晴れていたのに、兵庫県は広くて、

北に向かうに従って空は怪しくなっていき、211116.jpg

お寺に着いた時には土砂降りの雨でありました。

つつじの紅葉も盛りを過ぎておりました。

真っ赤ではなくて微妙なグラデーション・・。

雨の風情に似合っておりました。

負け惜しみではございません。

 

帰り道、南下するに従って雨は小降りになって、

道中の霧雨に煙る山里も美しゅうございました。

 

2111161.jpg

途中温泉で一服するころには、

すっかり雨があがって、

絵のような風景が広がって深呼吸。

和田山の近くのよふど温泉ってところに

立ち寄ったんですけど、

トマトや黒豆のいっぱい入った

野菜カレーがとても美味しかったです。

 

 

古民家ギャラリー"結"と"大手前"

211109.jpgこのあいだ展示会させていただいた

たつの市の"結"さんの表です

 

211110.jpg

 

 

 

 

 

中は静かで落ち着いた雰囲気なのですが、

古いお家は写真を撮るには

光が足りないのですよね。

---苦労しました。

 

 

211111.jpg

 

こちらは姫路市林田町にある"大手前"

http://hyocom.jp/blog/blog.php?key=49400

ちょうど同じ時期に明かり作家の佐久間さんが

(6月に京都でコラボ作品展した方です♪)

作品展されてました。

 

 

211112.jpg

ここもご夫婦で改装されてて

トイレの中にも

こんな不思議な明かり窓があったりして

とっても面白い

 

 

211113.jpg

 

 

で、薄暗い蔵の中の灯りは、

写真にとると美しくて、

夢中になって撮りまくりました。

 

 

211114.jpg

 

 

 

 

 

 

211115.jpg

 

やっぱり写真撮るなら緞通より灯ですね。

緞通は本当に難しくて泣きそうになります。

実物を見られない方のために

できるだけ質感とか出そうと

努力してるんですけど・・。

 

 

 

誕生日には温泉へ

私と母は11月頭がお誕生日なもんで、毎年お互いに「温泉」をプレゼントしております。

今年は三朝温泉へ愛犬と一緒に日帰り。

081106.jpg

贅沢三昧のお食事を、

美しいお庭を眺める個室でいただいたあと、

温泉に行くと誰もいないではありませんか。

二人してカメラを持ち込んでパシャ(内緒・・^_^;)

081102.jpg

 

 

 

後姿の美女?は母でございます。

ふんだんに薔薇が浮かんでいる温泉は

色づいた楓に囲まれて、

木漏れ日が大層美しゅうございました。

一日中出たり入ったりで、

長風呂しすぎてぐったりしましたが、

三朝温泉はほんとによい♪

こんどはお泊りで来ようと話し合ったのでございます。