TOPページ > つれづれ

つれづれ

美容院の床

130411.jpg 私のお気に入りの美容院は、

腕前もさることながら、

店内がとても居心地がよくて、

素晴らしく寛ぐのですが、

先日床をぼんやり眺めていて、

あまりにぴかぴかと輝き、

窓からの日ざしが美しかったので、

思わず質問してしまいました。

 

で、わかったのは、

店長自らお店が終わった後に、

せっせとお手入れしていること。

凝り性の店長らしく、

1回に4本づつ丁寧にやすりがけし、

1304113.jpgその後写真のワックスを塗るそうです。

色々試行錯誤した結果のワックスで、

超お薦めだそうです。

また塗る道具も写真のものを使うと

むらが無く美しい仕上げになるそうです。

 

カットをしてもらっている間中、

1304112.jpgDIY仲間としてこの話で盛り上がりましたが、

実はこの店長さん、

自宅にコンクリートミキサーに来てもらおうと

したこともあったそうなので、

(ブログを読んだ時には絶句しました)

お仲間というにはすご腕すぎますね。。

 

 

 

 

 

 

朧月

2013-04-25 21.42.31.jpg昨夜は坂越の海辺で、

春の月の出を待ちながら、

赤穂緞通にゆかりの亡き人を偲ぶ夕べがあって、

ちょうど東京から取材に来られてた

ライターさんも巻き込んで、

賑やかに飲んで騒ぎました(あれっ・・^_^;)

空は晴れているのに月は朧で、

いかにも春らしい坂越の海辺でした。

 

とてもお世話になった京都の美術道具商さん、

古緞通を扱うきっかけになった緞通の先輩、

を偲んで、

私はハイテンションで騒ぎながらも、

朧月に赤穂緞通の未来を誓ったのです。

 

 

歯医者さんへきちんと通う自分が好きじゃなかった

半年に1回きちんと歯医者さんの定期検診を受け、

歯石を取ってフッ素を塗って歯磨き指導を受ける。

いかにも真っ白な歯並びを自慢する健康至上主義タイプ。

ついでにジムでトレーニングに励み、毎日体重計に乗り、

体に良い食事を取り、お酒と煙草はやらないってかんじかな。

あまりお友達になりたいと思うタイプではありませんな。

 

というわけで?

半年前の歯科定期検診を体調不良のためキャンセルしてから、

行かなくちゃと思いながら、ぐずぐずとそのままになっております。

毎日のように前を通りすぎる歯医者さんが遠いわ。。

 

 

 

 

播磨は秋祭りまっさかり

今年もギャラリーに獅子舞がやってきました。

去年は初めてで大慌てだったけど、

こんどはお祭り好きの娘がしっかり準備万端整えて^_^;

http://ameblo.jp/capehouse/entry-11376006245.html

 

店のブログは娘が書いているので、すっかり私はおサボリモードです。

このブログも更新しなくちゃと思いつつ、

メールチェックやって友人たちの動向をfacebookやブログで見たりしてると

もうそれだけで手一杯ってかんじで、

ブログを毎日更新されてる人は本当に偉いなあって思います。

その中でも疲れた時に見るの楽しみにしているのが、

http://ameblo.jp/coroiny/

イラスト付きで印刷して本にしてもらいたいわぁ。

 

秋晴れ

敷き伸しにもってこいの素晴らしい秋晴れの日々が続くので、

連休の間もせっせと作業に励んでいました。

春先から体調を崩して、夏の間もほとんど仕事ができなかったのですが、

気候がよくなってくると体調も回復してきてホッとしているところ。

でもこの季節は秋祭りに赤穂国際音楽祭と行事が目白押し。

地元の塩釜さんのお祭りはささっとお手伝いして、

坂越の船渡御見物は涙をのんで諦めたけど、

われらが樫本大進さん達の音楽祭は一夜だけチケット確保。

もちろん長年ファンやってるポール・メイエさんの出演する日。

舞台に金色の羽が舞うのを幻視いたしました^_^;

 

 

 

第11回くらしの工芸展

111108.jpg私が兵庫県民芸協会に参加させていただく

大きなきっかけになった「くらしの工芸展」

今年も12月8日(木)から13日(火)まで、

神戸のさんちかホールで開催されます。

-----------------------------------------

"手仕事の美を日々の暮らしに"

その中に流れる時間に磨かれた美しさが、

くらしを豊かにしれくれることでしょう。

 

111109.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 私は今食器が欲しいです。

親が倒れて、とりあえず身の回り品だけ持って

実家に帰ってから10数年。

仮住まいって気分が抜けないまま、

ずるずる暮らしてきたけれど、

せめて食器ぐらい自分好みのモノを、

使って暮らしたいと思いつきました。

もうちょっと早く思いつけばよかったかなぁ。

 

秋祭り

1110293.jpg播磨地方では10月に入ると秋祭りで、

赤穂でも毎週末どこかの地域で

獅子舞やお神輿が繰り出しています。

今年オープンしたギャラリーは

いわつひめ神社さんの氏子で、

めでたく獅子舞がやってきてくれました。

 

初めてのことなので慌ててしまいましたが、1110296.jpg

来年はしっかりお迎えの準備をしなくては。

 

ご近所では準備万端で、

お家の前に蓆を敷いて、

獅子舞スペースを確保。

 

自分とこのお祭りっていいですねえ。1110298.jpg

お祭りとは縁のない

大阪の郊外育ちの私としては、

地面にしっかり足がつく気がして、

とても嬉しい気分です。

最近では獅子舞の踊り手も、

確保が難しくなってるそうですが、

ぜひ頑張って続けてもらわねば!

 

 

加賀百万石の美意識

先日録画しておりましたNHK"美の壷"の"九谷焼"を見ておりましたら、

某料亭でのシーン、朱壁の床の間を背に藍基調の緞通(たぶん赤穂緞通)を敷き、
その上にお座布団と肘掛をセットして、前には朱塗りの箱膳。

次々と九谷焼の極彩色の器に盛られた加賀料理が出てくる趣向でした。

北陸の雪に埋もれた暮らしの中で華やかな色彩を求めて、

あの九谷焼が作られたそうですが、

それにしても惚れ惚れする加賀百万石の美意識!

いつかあのお席に座ってみたいものです。