TOPページ > 緞通 > 緞通展示会

緞通展示会

丹波篠山にて

さて、現在丹波篠山にて「古緞通展」と「くらしの工芸展」のダブルで出展中です。

現場は若手のRちゃんに任せておりましたが、

5月5日は丹波篠山へ行ってきました。 140506.jpg

 

小ぬか雨降る河原町商店街は

とってもしっとりとしていいかんじ。

実際は連休中でもっと賑わってましたが、

人通りの途絶えたところでパチリ。

 

1405061.jpgこちらは古緞通展会場の電燈舎入口。

わざわざアップしたのには訳があります。

奥に見えてるドラム缶のお化けのようなモノ

を使ったベンチがいたく気に入りました!

篠山に移住してこられた

アイアン作家さんの作品です。

我が家の荒れ放題になっている裏庭に

設置される日がくるかもしれません。

1405062.jpg 

こちらはくらしの工芸展会場

先日亡くなられた足立さんの作品など

丹波布がいっぱい展示されていて

見ごたえがありました。

丹波布は糸を紡ぐところから

すべて作家が手作業で作られてい1405063.jpgるのです。

その草木染めは緞通に使われている糸と

よく似た色合いで

(同じ兵庫県どうし当たり前でありますが(笑)

とっても参考になりました!

私は栗の色合いがやはり好きだな。

自宅栗の木が台風で折れてしまったのが残念。

草木染用に栗を植えるのもいいかもしれません。 

 

 同じ会場の緞通コーナー

額入りの小物メインの展示即売です。1405065.jpg

Rちゃんが鋏ワークを実演しています。

食い入るように見てくださるお客様が多くて、

彼女も充実した時間を過ごしているようです。

特に若いお客様が額入り古緞通を

購入してくださってるのが嬉しい!

若い織り手が古くてボロボロの古緞通を使って

斬新な額作品にリメークし、

それを「めちゃお洒落!」といって、

若い世代にはかなりな負担であろう金額を

モノともせずお買い上げいただいているのを見ると、

本当に嬉しいです。

緞通にとっても本望でありましょう。

 

お昼に食べた黒豆ご飯はしっかり作り方を教わってきましたし、

その足でお店の商品すべてが黒豆関連のお店に行って黒豆購入。

通りのはずれの精肉店では揚げたてコロッケに丹波地鶏肉をゲット!

葡萄酒店奥の食器コーナーでは昭和初期の印版小皿をゲット!

お店の方に聞いてみると、お店のオーナーさんの個人コレクションを、

お店で売ってられるとのことで、また来て掘り出し物を探さねばと思う。

結局、河原町商店街だけであっという間に日が暮れましたが、

とても充実感のある一日でした。

あっ、お買い物が目的ではなかったのです。

緞通展示会のギャラリートークに出席してちゃんとお仕事もしてきましたの。

 

 

 

 

 

赤穂古緞通展~海辺の手織り絨緞~

お知らせが遅くなりましたが、

丹波篠山にて上記展示会を開催いたします。

詳細は お知らせページ

会場はとても素敵なレトロな空間です。

窓や天井やドアや机、、

昭和初期に作られた洋館作りのスペースに、

同時代の赤穂緞通を展示!

「ものづくりの文化花開いた大正から昭和にかけての時代。その古き良き時代へのオマージュとして技術、デザイン共に洗練を極めた当時の緞通を集めました」

 

 

sasayama2.jpg 

sasayama1.jpg

7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sasayama4.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珠玉の赤穂緞通展終了しました

怒涛の1週間が過ぎまして、121213.jpg

いつの間にか義士祭も終わり、

(今年はまったく見物できなかった・・)

緞通展は無事終了いたしました。

おいでになられた方々に

あつくお礼申しあげます。

 

会期中写真をしっかり撮ろうと思っていたのですが、1212132.jpg

バタバタとしてしまい、

開店前と閉店後の写真しか撮れなくて。。

 

でも久しぶりにお会いできた方々や、

初めてお会いできた方々と、

心ゆくまで緞通談義ができて、

とても楽しゅうございました。

1212133.jpg

ちょっとまだ声が枯れておりますが^_^;

 

来年のこの時期には、

たぶん作品がそろわなくて、

展示会は無理だと思いますが、

ギャラリーには必ず見ごたえのある緞通を、

常設展示していきますので、

どうぞいつでもお越しください!

 

 

 

 

 

 

珠玉の赤穂緞通展

赤穂で一番の行事は12月14日の義士祭ですが、

今年はその1週間前から"忠臣蔵ウィーク"として、

街をあげてのイベントが目白押しに開催されます。

詳しくは忠臣蔵ウィークオフィシャルサイトをご覧ください

私達も協賛イベントとして"珠玉の赤穂緞通展"やります!

syugyoku.jpg

 

収集した赤穂緞通コレクションより、

とくに珍しい文様や技術の素晴らしいものなど

選りすぐりの緞通を展示販売させていただきます。

 12月8日(土)~12月13日(木)13時~18時

 会期中は休まず営業いたします。

 CAPE HOUSEギャラリー 

 赤穂市御崎2-1 Tel 0791-42-5178              

 

 

実は地元赤穂では初めての展示会となります。

お待ちいただいていた緞通ファンのみなさま、秋の開催予定が初冬にずれ込みましたが、

とっておきの緞通を一挙公開いたしますので、ぜひぜひお越しくださいますよう!

(展示予定の緞通は「作品案内」→カテゴリー「珠玉の緞通展」でご覧ください。

 

 

 

 

鹿児島で緞通展

111020.jpg 『赤穂緞通と堺緞通展』

2011年10月20日(木)~30日(金)

鹿児島天文館マルヤガーデンズ

 

 

 

先週、鹿児島まで緞通を搬入してまいりました。

展示に気をとられて写真を撮り忘れましたので、

ギャラリーさまのブログをリンクさせていただきます。

http://www.beans-online.com/hpgen/HPB/entries/137.html

今まで展示会のたびに自分たちで車に積んで運んでおりますが、

さすがに鹿児島は遠いです。。

でも今回はかの地での2回目、かなり様子も分かって、

駆け足ながら、温泉やグルメも楽しんできました(^.^)

印象に残ったことは「降灰」と「食事の量」

 

九州自動車道の最終給油ポイントで給油し、

とても丁寧に窓ガラス拭きしていただいたのですが、

気がつくとフロントガラスが曇っている。

「どうせならもっときれいな雑巾を使って欲しかったね」

などと無知な会話をしながら市街地に突入。

到着したホテルで温泉に入って素足で歩いて、

初めて降灰だと気づきました。

薄曇りじゃなくて晴れてるのに灰が降っているんだ・・。

 

ホテルのバイキング朝食は美味でありました。

色々お盆にとった後で最後に「鶏飯」があるのに気付き、

悩んだ末、いつも選ぶお粥+鶏飯も食べてしまい、

お昼になっても全然お腹が空かないので、

お昼は軽くお蕎麦でも、と思ったらこれが半端じゃない量で・・。

お茶すら入らなくて、楽しみにしていた鹿児島ラーメンもパス・・。

その前夜いただいた黒豚しゃぶしゃぶも用心のため、

女性用少量コースを頼んだのですが、

やはり量が多すぎて、でも最後に出てきたかまど炊きご飯が

あまりに美味しすぎて死に物狂いで食べた後、

もう何もできなくてホテルでへたり込んだまま夜は更けたのです。

 

赤穂民俗資料館

こないだ(といっても去年の秋ですけど・・)

赤穂民俗資料館で"赤穂わーくす"やった時の写真が、

ボロッと出てまいりました。

221120.jpg

 

 

正面入り口

赤いポストは展示物で、投函できません。

でも赤穂市内には、

このタイプのポスト、かなり現役で頑張ってます。

 

 

 

2211201.jpg

 

 

中庭

ここで柚子茶の接待しました。

 

 

1507_large.jpg

 

 

展示室

この"蝶に瑞雲縁龍文"緞通は

民俗資料館に寄付したので、

いつでもご覧になっていただけます。

 

 この建物は明治時代の木造洋館なのですが、

まったく洋館未経験だった地元赤穂の大工さんが、

一世一代の仕事として請け負われたそうで、

何回も立て直しをしながら完成されたというエピソードを聞きました。

隅々に播磨大工の細かい仕事が散りばめられていて、見飽きません。

 

 

赤穂わーくす2010開催中

1001101.jpg赤穂市立民俗資料館には、

市民から様々なものが寄付されていて、

この乳母車は寄付品のひとつ。

"藍地花紋"とコラボ

 

 

 

 

 

1011012.jpg

"丸牡丹"の上に並べられた

"蓼華焼"

 

 

 

 

 

 

 

1011103.jpg

 

受付横の小さなコーナーには

"蓼州染"のストールの上に、

"The47BlackCats"の大石内蔵助

 

 

 

 

 

 

1011104.jpg

天井のメダイヨンには、

"花工房"が

小さなりんごと緑をアレンジ

 

 

 

 

 

 

鹿児島にて

鹿児島での展示会は、おかげさまで無事終了いたしました。

緞通は車で鹿児島まで走って搬入し、

しばらく滞在してギャラリーにも詰めさせていただく予定だったのですが、

家族の不調のためとんぼ返りで帰る羽目に・・。

ギャラリーのオーナーさんには、220525.jpg

お世話になりっぱなしでした。

  

写真はオーナーのお母さまで、

ギャラリーの創業者。

薩摩おごじょの凛とした心意気を

感じさせる素敵な方。

 

 

220521.jpg

 

オープン前日、

設営中の店内です。

 

220522.jpg

 

 

 

 

 

 220523.jpg

 

緞通の展示は、

いつもながら楽しい作業でした。

作るより展示する方が楽しいかも^_^;

 

220524.jpg

 

 

この後、慌てて鹿児島を後にしましたので、

オープン後の様子は、ギャラリーのブログをどうぞ

 

 

 

 

 

赤穂緞通展 in 鹿児島

beans.jpg赤穂緞通展 

平成22年5月21日(金)~5月27日(木)

11:00~20:00

Gallery ビーンズ花月マルヤガーデンズ店

〒892-0826 鹿児島市呉服町6-5
         マルヤガーデンズ3F
         TEL・FAX  099-223-6182

 

 

Gallery ビーンズ花月からのご案内

"究極の手作業"また"幻の作品"といわれる"赤穂緞通"は江戸末期"児島なか"女によって考案され、木綿を使った生地は日本の風土に馴染み、繊細な魅力と共に多くの方に愛されました。

戦後の高度経済成長の中"赤穂緞通"は姿を消しましたが平成3年に赤穂市による再興の努力によって再び織りはじめられ、今でも織手の心、また美意識からなる図案・色が現れています。

是非、この機会にお立ち寄り、その心を感じてもらえたら幸いです。

 

龍野町じゅう美術館

今年も脇坂家菩提寺の如来寺さんで展示させていただきました。

110219.jpg

 

6畳間にふたたび

種類の違う緞通を6枚敷き。

今年は青い緞通で揃えました。

 

110222.jpg

 

 

 

 

110221.jpg

 

 

 

奥にあるのは"ひだまり"作の南天文様新作

ホットカーペットに敷いた網利剣で、

手作り柚子茶のご接待です。

110220.jpg

 

 

こちらは"ひぐらし"作の七草に蝶文

 

 

 

110224.jpg

 

 

今年はオリンピックのせいか、

それほど人出が多くなくて、

他の会場をゆっくり見て回れました。

収穫はこの和紙の灯り。

でも娘がちょうど帰ってきていて、

これを見るなり「欲しい!」って

取られちゃいました。。