TOPページ > 緞通 > 緞通展示会 > 丹波篠山にて

緞通展示会

丹波篠山にて

さて、現在丹波篠山にて「古緞通展」と「くらしの工芸展」のダブルで出展中です。

現場は若手のRちゃんに任せておりましたが、

5月5日は丹波篠山へ行ってきました。 140506.jpg

 

小ぬか雨降る河原町商店街は

とってもしっとりとしていいかんじ。

実際は連休中でもっと賑わってましたが、

人通りの途絶えたところでパチリ。

 

1405061.jpgこちらは古緞通展会場の電燈舎入口。

わざわざアップしたのには訳があります。

奥に見えてるドラム缶のお化けのようなモノ

を使ったベンチがいたく気に入りました!

篠山に移住してこられた

アイアン作家さんの作品です。

我が家の荒れ放題になっている裏庭に

設置される日がくるかもしれません。

1405062.jpg 

こちらはくらしの工芸展会場

先日亡くなられた足立さんの作品など

丹波布がいっぱい展示されていて

見ごたえがありました。

丹波布は糸を紡ぐところから

すべて作家が手作業で作られてい1405063.jpgるのです。

その草木染めは緞通に使われている糸と

よく似た色合いで

(同じ兵庫県どうし当たり前でありますが(笑)

とっても参考になりました!

私は栗の色合いがやはり好きだな。

自宅栗の木が台風で折れてしまったのが残念。

草木染用に栗を植えるのもいいかもしれません。 

 

 同じ会場の緞通コーナー

額入りの小物メインの展示即売です。1405065.jpg

Rちゃんが鋏ワークを実演しています。

食い入るように見てくださるお客様が多くて、

彼女も充実した時間を過ごしているようです。

特に若いお客様が額入り古緞通を

購入してくださってるのが嬉しい!

若い織り手が古くてボロボロの古緞通を使って

斬新な額作品にリメークし、

それを「めちゃお洒落!」といって、

若い世代にはかなりな負担であろう金額を

モノともせずお買い上げいただいているのを見ると、

本当に嬉しいです。

緞通にとっても本望でありましょう。

 

お昼に食べた黒豆ご飯はしっかり作り方を教わってきましたし、

その足でお店の商品すべてが黒豆関連のお店に行って黒豆購入。

通りのはずれの精肉店では揚げたてコロッケに丹波地鶏肉をゲット!

葡萄酒店奥の食器コーナーでは昭和初期の印版小皿をゲット!

お店の方に聞いてみると、お店のオーナーさんの個人コレクションを、

お店で売ってられるとのことで、また来て掘り出し物を探さねばと思う。

結局、河原町商店街だけであっという間に日が暮れましたが、

とても充実感のある一日でした。

あっ、お買い物が目的ではなかったのです。

緞通展示会のギャラリートークに出席してちゃんとお仕事もしてきましたの。

 

 

 

 

 

2014年5月 6日 21:32 | コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック(0)

コメントフォーム

コメントフォーム

Name:


E-mail:


URL:


 

コメント: (装飾用のHTMLタグが使えます)