TOPページ > つれづれ > 窓からの眺め > ふるい硝子戸

窓からの眺め

ふるい硝子戸

去年の秋になりますが、

所用があって龍野のお客様を訪問いたしました。2013-11-19 15.37.51.jpg

電話でも済む用事だったのですが、

私の愛してやまない硝子戸に

お目にかかりたかったのです。

ちょうど紅葉が綺麗な頃で、

揺らぎのある硝子をとおした眺めは

まことに美しゅうございました。

そこだけ時間の流れが違うような不思議な空間でありました。

 

そしてリビングには、2013-11-19 16.16.18.jpg

以前リメークさせていただいた緞通が、

ストーブの下に居心地良く敷かれておりました。

蔵から見つかったとお聞きした古い緞通は

ずいぶん色褪せて傷んでいたので、

思い切って切り取った上に

個人的な好みで、

経糸を房飾り仕上げにいたしました。

活用していただいて本望でございます。

 

 

2014年1月 1日 23:23 | コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック(0)

コメントフォーム

コメントフォーム

Name:


E-mail:


URL:


 

コメント: (装飾用のHTMLタグが使えます)