TOPページ > 緞通 > 緞通のある風景 > 気になる緞通の嫁入り先

緞通のある風景

気になる緞通の嫁入り先

作品展に出した「亀甲唐花」という緞通は、

茶色糸が鉄媒染?のせいか劣化が進み、

他の糸に比べて磨り減っていました。0804061.jpg

それでも気に入って買ってくださる方が現れて、

今日はお宅へ納品に行ってまいりました。

 

お玄関を入ると、懐かしいような

とっても素敵な雰囲気です。

思わず写真を撮らせていただきました。

 

そして、江戸時代の末期に建てられたという

古いお家の内玄関に、

「亀甲唐花」は敷かれることになりました。

0804062.jpg 

 

 

ほの暗くて静かな内玄関に

納まった緞通は、

まさにぴったりの場所を与えてもらって、

末永く可愛がっていただけそうです。

 

 

できの悪い子ほど可愛いというけれど、

気になって仕方なかった緞通が、

本当にいいところにお嫁入りさせていただけました。

 

 

 

2008年4月 6日 20:22 |