TOPページ > 緞通 > 緞通の資料 > 『赤穂緞通を尋ねて』

緞通の資料

『赤穂緞通を尋ねて』

もう1年以上前になるのですが、

絨毯を研究されている方が、赤穂緞通加里屋工房を訪ねてこられて、

3回分のブログ記事にまとめてくださってます。

   『赤穂の手織り絨毯』
   http://caffetribe.exblog.jp/3829145/

   『赤穂緞通を尋ねて』-2
   http://caffetribe.exblog.jp/3844308/

   『赤穂緞通を尋ねて』-3
   http://caffetribe.exblog.jp/3875137/

 

作品展準備で色々事前勉強をしていて、

このブログも再読させていただきましたが、

赤穂緞通のこと、私達よりも詳しくご存知でいらっしゃいます。

遥かオリエントから大陸を通って、日本に流れ着いた緞通。

その中で「赤穂緞通がもっとも独自な発展を遂げた」

と書いてもらってちょっと自慢かも・・。

 

 

2008年3月15日 20:17 | コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック(0)

コメント(2)

caffetribe :

ブログ記事のご紹介ありがとうございました。
また、加里屋工房では色々ととお教え頂きありがとうございました。その前に伺った役場や資料館などの方々にも、現在の赤穂の緞通への取り組みについてのお話を聞き、貴重な行動と感じました。
こちらも日本の緞通はそれほど良く知らないのですが、日本人としてとても魅力を感じています。
研究会は偶然に、3月末に神戸で行います。
もしかしたら京都での展示会に何人かで伺えるかもしれません。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

2008年3月17日 12:06

ひぐらし :

その節は色々とありがとうございました。

神戸まで来られるのでしたら、
ぜひぜひ京都にお立ち寄りください。
お聞きしたいこともいっぱいあるのですけど、
作品展会場では無理ですよね・・。

2008年3月17日 13:35

コメントフォーム

コメントフォーム

Name:


E-mail:


URL:


 

コメント: (装飾用のHTMLタグが使えます)